【学内限定】「研究ノート活用法」に関する講演会を開催します<6月20日(月)17:00~:千駄木地区>【終了しました】

2016/06/09

研究活動に関する不正防止や各種指針への対応として、研究倫理に関する教育や研修などが求められていますが、研究不正防止の手段の一つとして『研究ノート』の活用があります。
『研究ノート』には、実験方法や実験データ、アイデア等が記録されているため、発明が、いつ、誰によって完成されたかを証明するためのノートにもなり、特許出願におけるツールとしても有用です。

そこで、日本医科大学の平成28年度公的研究費の執行に関する説明会において、外部の講師をお招きし、講演をしていただくこととなりました。

公的研究費の運営・管理に携わる全ての教職員が出席対象者となりますが、その他、本法人内で知的財産・研究ノートの活用法に関心のある皆様もぜひご参加ください。

http://tlo.nms.ac.jp/files/tlo/up/u6/20160620poster_nms.pdf


-----------------------------------------------------------
日時  : 平成28年6月20日(月) 午後5時から
場所  : 日本医科大学橘桜会館(2階)橘桜ホール
講演等 :
1)講演「あなたを守る研究ノートの正しい活用法」
  講演者 佐田洋一郎 先生(山口大学 学長特命補佐 大学研究推進機構知的財産センター長)
2)その他、各ガイドラインの概要や平成28年度公的研究費(直接経費)取扱要領について
-----------------------------------------------------------