法人内での特許に関する手続き

発明者の方へ

教職員の方からご連絡を頂きましたら、担当者が伺います。そこで発明のお話を聞かせていただき、発明の評価資料を作成させていただきます。ご連絡は電話、ファックス、メール等でお願いします。
発明届、評価資料に基づき、知的財産審議委員会が職務発明か否かの判断、特許性、市場性を評価し、発明の取扱いを検討いたします。
特許出願が決定いたしましたら、研究内容の更なる詳しい資料を提出して頂きます。その資料をもとに特許事務所の弁理士が出願書類を作成いたしますので、それをチェックして頂きます。その他の事務的な細かい作業はすべて本センターが代行いたします。
なお、本法人が譲り受けた知的財産権の出願およびその権利維持に要する費用は、当然本法人が負担いたします。

発明から出願までの流れ

我が国では、同じ発明であっても先に出願された発明のみが特許となる先願主義を採用していますので、発明をしたら早急に出願すべきです。
また、特許出願以前に発明を公表することは避けなければなりません。

1   教職員 発明

 

 

2   教職員 発明届提出

 

 

3   インタビュー・発明評価資料作成 知的財産推進センター

 

 

4   知的財産審議委員会 職務発明か否かの判断・発明の評価

 

5   教職員 権利譲渡書提出

 

6   知的財産推進センター 特許事務所依頼(出願書類作成)

 
7   知的財産推進センター(特許事務所) 特許出願

 

 

出願以降の流れ

出願後は、ライセンス先についての希望を発明者の方によくお聞きし、積極的にライセンス活動を行なえるよう努力いたします。
この間の、特許の維持管理も 知財センターで行ないます。

Q&A
学校法人日本医科大学知的財産取扱規程について 答えはこちら!
発明から出願までの流れ 答えはこちら!
発明をしたときは? 答えはこちら!
知的財産審議委員会での審議事項 答えはこちら!
権利譲渡書の提出 答えはこちら!
実施補償金の配分について 答えはこちら!
特許出願準備 答えはこちら!
特許出願後の対応 答えはこちら!
TLOって何? 答えはこちら!